美しく健康的な肌を保つ化粧品|硬い角質にも浸透

胸のボリュームを大きく

レディの胸部

バストが小さいことは女性の悩みのひとつですが、バストアップすることはちょっとした工夫で可能です。バストアップに必要なのは、成長ホルモンと女性ホルモンで、それらの分泌を助ける成分を摂取することでバストを自然と大きくさせることができます。

もっと見る

セルフケアで跡を改善

ウーマン

ニキビ跡用化粧品で人気なのは肌に優しく浸透率が高いタイプであり、保湿性も重視されます。赤みタイプには炎症を鎮めてターンオーバーを促すビタミンC誘導体が効果的です。紫色の色素沈着なら同じくビタミンC誘導体を、黒や茶色タイプなら美白作用の高い成分を選びます。クレーター状の場合は再生を促す成分が最適です。

もっと見る

ニキビの跡の赤さには

美容液と女性

ニキビが完治した後も、炎症のニキビ跡として赤みが残ってしまうこともあり、なかなか厄介に感じるケースもよくあります。もっともセルフケアでも基本的に対処は可能なため、正しい方法でスキンケアを施せば、改善や完治も促せます。

もっと見る

潤った柔らかい肌に

化粧品

保湿成分を補充

肌には、水分を保持するためのコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などが含まれています。コラーゲンとセラミドは、水分を肌から逃しにくくする成分で、ヒアルロン酸は水分を吸収する成分です。これらが多く含まれていれば、肌は水分で潤った状態を維持することができます。逆に少なくなると、肌は水分不足から、乾燥肌の状態になるのです。しかし上記の保湿成分は、全て基礎化粧品によって肌に補充できます。また基礎化粧品の多くは、液状またはジェル状で、水分がたっぷりと含まれた状態になっています。つまり基礎化粧品を使用すれば、水分によって肌を潤わせつつ、保湿成分でその水分を閉じ込めることができるようになるのです。そのため乾燥状態の一時的な解消ではなく、乾燥肌自体を改善していくことが可能となります。

硬い角質にも浸透

乾燥肌は、水分が抜けることで角質が硬化しています。そのままの状態では水分も保湿成分もうまく浸透していかないのですが、基礎化粧品の中には、角質を柔らかくすることのできるものもあります。具体的には、角質を構成しているアミノ酸の繋がりを断つ、アルカリ性の成分が配合されている基礎化粧品です。アミノ酸の繋がりが分断されることで、角質は柔らかくなりますし、それにより水分も保湿成分もすんなりと浸透していくようになるのです。また、保湿成分がナノ化されている基礎化粧品もあります。角質層には小さな隙間があるのですが、ナノ化された保湿成分なら、そこから肌の内部へと入ることができます。すると肌が深い部分から潤い、それにより角質は柔らかくなっていきます。いずれの基礎化粧品も、乾燥肌を効率良く改善していくことができるため、高い需要があります。